DSCF1450




さて、いよいよこの旅行が始まって3日目。
今回は今まで乗り鉄中心だったこの旅行をガラっと変えて撮影地めぐりとなりました。
まずは前回と違い阪急の烏丸から初めの撮影地浅香に向かいます。
途中南茨木と門真市を経由して大阪モノレールに乗車したので、まずはそこの紹介から始めましょう。
DSCF1439
DSCF1438

大阪モノレールの運転席。ドアの開け閉め等はボタン式(?)で行うのが一般的な鉄道の方式なのですが、驚くことに大阪モノレールは画像のようなレバー式(?)で行っていたのでとても興味深いです(写真上部の黒いレバー)。実はこの大阪モノレールも昨年同じ区間にて乗車したので、よりじっくり味わったことになりますね!
DSCF1440

さて、その後終点の門真駅で京阪線に乗り換えて今度は京橋まで行きます。
僕らが乗車した時間はちょうど通勤ラッシュだったので、どうなることかと思いましたがなぜだかまぁまぁの混み具合だったのでよかったです。
ただ、いつも気になるのは日中が比較的混んでいることです。地元の京王線なんかは、スカスカしてまれに貸切の号車ができるほどなのに関西のJRや大手私鉄の大半の列車に立っている人がいるのでとても疑問に思います。(なにかわかる人はコメント欄等で教えてくださぁい!)
DSCF1441
乗車したのはトーマスラッピング!いいのか悪いのかわかりませんが一応カメラに収めておきます。
(しかもブレてる...)

さて、京橋からは初の大阪環状線です。
Twitter等でも山手線とのギャップでとても話題ですが、写真で見るだけで実際に乗ってみたことがなかったので乗ってみました。

DSCF1443
にているようで微妙に違う車両がいっぱいありました!(笑)
あと、JR西日本って幕の設定が雑に感じられました。車内には大勢の客が発車を待っているのに表示された幕は試運転!!??驚きを隠せませんでした...
DSCF1445
奥にはラッピング列車も...たくさんの人の足となる中心部の鉄道での広告代金ってすごいんでしょうね。
色といい形といいなんだか中央線の雰囲気を少し感じました。
DSCF1444
回送列車が止まっていました...
DSCF1446
先ほどのラッピング車両。え~と何かな、あの串は...?
DSCF1447
この列車はちゃんと「大阪環状線」と書かれています。

大阪環状線を利用して天王寺に向かった後は阪和線の各停で「浅香」に向かいます。
阪和線も似ているようで微妙に違う車両がいくつもあり、これはじっくり何日間もかけて観察しなきゃななんて思いました。
鉄橋を渡って着いたのは浅香駅。ホーム上からも撮影できるようですが、今回は川の土手から撮ってみました。
DSCF1450
まず手始め。
DSCF1451
DSCF1452
DSCF1453
(↑裏被りされました...貴重なはるかなのに...大ショックです)
DSCF1454
さようなら...
DSCF1455
DSCF1456
DSCF1457
ビデオカメラでも撮影したのでそちらは後日鉄道PVにして配信できたらなって思っています。
実際に行ってみて、撮影地は川沿いでコイがたくさんいる川でした。橋と反対側の方向を見ると、南海電車の鉄橋も小さいながら見ることができました。
一つ残念だったのは鉄橋が工事中なのか、仮の柵ができていて車両の足回りが中途半端になってしまったことです。まぁ鉄橋ですので我慢ですね...
DSCF1458
DSCF1459
駅前からはこんな感じで小さな支流を渡る列車も撮影できます。ただ、障害物が多くてあまりよろしくはないかもしれません。
DSCF1460
これにて阪和線撮影は終了。この後天王寺に戻って西回りで兵庫県のスマシオに向かいます~‼
実はこうしてブログを書いている限り何も感じられないのですが、この時死ぬほどSDカードがカツカツでして、仕方なくSDカードをヨドバシカメラで買う事態になってしまいました。
一方でスカスカのSDカードを買ったため今後はちょっと無駄な写真もあるかもしれませんがご了承ください...

さてちょうど桜の季節で、とてもきれいな風景が新しいSDカードの1枚目として撮影できたのでそれを掲載して、後半戦に参りましょう!
大阪を出て神戸線で一気に神戸へ。
三ノ宮からは新快速から普通列車に乗り換えて、撮影地をちょっと通り過ぎた垂水へ向かいます。
なぜ、垂水へ向かうかというと迫力のある広い海を眺める区間に乗車したかったからです。
のりかえた普通列車は僕のあこがれの321系!落ち着いてはいられない!
DSCF0002
↓車内の写真。まぁまぁの混み具合だったため初のモザイクを一応入れてあります。
321 モザイク入り 気英領
座席配置はすべてロングシートですが、ドア上部ではなく車両天井からぶら下がる形でLCDがついているのが印象的です。
DSCF0004
DSCF0006
DSCF0007
DSCF0008
321が長距離に対応してクロスシートとなり、まるで映画館のようにみんながLCDを眺める姿...
これが理想です...なんちゃって。
でも本当に新快速などで運用されずクロスシートがないのは少し残念ですが、かっこいいデザインは本当に僕の憧れです!(←俺は電車ではありません...)
DSCF0010
降車後もパシャリ!

その後、垂水駅のドトールで昼食をとったあとJRから山陽電鉄に乗り換えて、撮影地の近く須磨浦公園へと向かいます。
DSCF0011
DSCF0012

須磨浦公園駅は名だけのような公園の駅だと思って、特に何も気にしませんでしたが、いざ着いてみると人も結構いるような大きい公園がありました。太陽が照るとてもお天気のいい日だったこともあり、アイスクリームのような屋台に大勢の人が並んでいました。
気温が高いとこうなるんだって感じです...
結構大き目で多くの人でにぎわっており、桜の季節であることもあったのでしょうが、みなさんも撮影等の時は立ち寄ってみるのもいいかもしれません。公園からは山陽電鉄を見上げることができると思います。
DSCF0025
電車も走っていなきゃ、なんもないので全然いい写真ではありませんがおそらくこの写真で公園から山陽電鉄を眺められることがわかると思います...

さて、浅香の写真で結構ぶんどってしまいどんどんページ数が増えて行ってしまったので今回はここらへんで終わろうと思います。
すみません...
次回‼あつ~い友情(?)とさわやかな海の物語!!??
最高な写真が並べられると思います。気分をリフレッシュしたいときはちょっとのぞいていただけると嬉しいです。
それでは、お楽しみに~‼
(続く...)