みなさま、ご無沙汰いたしております、絶賛テスト中でございやしたばみゅーだです...

うん...以前にも言いましたけどね、ほんとに日本って酷な国ですよね(笑)
あああああああああ大変だああああああ
自分のやりたいことに没頭したい。無になりたい。けどなれないって現状がつらかったりしますよ...
あ?俺何言ってんだ...
はい。
行きましょうか。


え~お待たせいたしました、今回は通電ジャンパ栓製作vol.2でございます。
前回の記事で、連結部のプラス側?凸側?の方向を製作して終わりにしました。今回は...もう物語もクライマックスといってよろしいでしょう!ジャンパ栓の凹凸含め量産先行なるものができました。
基本的にはこれで導入でいい!という形まで見えてきましたのでご紹介しましょ♪
0406_061
前回のジャンパ線製作で床の中にある銅板から電気を引っ張ってきてジャンパ栓を伸ばしてくる作業まで行きました。
0415_074
0415_075
そしてまだ紹介していなかったマイナス側(凹み側)は床下に線を引いてくるところまでは前回と同様。
そのあと台車側、車体中央側に線を折り返し、ネオジム磁石をくっつけることにしました。
ところがその後の試運転を繰り返した結果、磁石にくっつけられるよう、硬い鉄線をジャンパ栓の材料にしたがためにカーブに差し掛かった際、車端部の機器に干渉して脱線する事故が多発(爆)
ジャンパ栓をうまい具合に調節することで脱線は防げましたが、何度も調節するのは面倒なので、改めて考え直して思いついた完成形がコチラ!
0526_400
ジャンいかがでしょうか?
反対側車端部の写真が撮れていないのですが、両側ともにマグネットを取り付けることにしました。
冒頭の車両からピヨピヨ出てくる線を半分程度カットし、黒い皮膜を抜き取り、折り返して作りました。
マグネットは普通の両面テープを使用して折り返した線に接着。
このマグネットユニットを隣り合うようにそれぞれの車両に設置。

そして、それとは別に例の鉄線をジャンパ栓の形に折り曲げ、ジャンパ栓パーツを作成。
パーツの両端は折り曲げることで丸い鉄線がくるくる回ってジャンパ栓のうねりが変な向きにならないようにします。
写真をよく見てもらうとわかるのですが、左側は三つ折り、右側は二つ折りの形状にしてあります。
磁石がくっつく際はその吸着力が触れている面積の広さに比例しますので片方だけ多く折り曲げて面積を広くすることで解結する際にジャンパ栓がどちらか片方の車両に必ず残るようにします。
これで紛失したり収納時に面倒なことにならなくて済むかなぁ~と。

ちなみにこの磁石ユニットに使用している磁石は電気を通す必要があるので一般的な磁石の中でいうなればネオジム磁石だけだと思いますので注意してくださいね♪
東急ハンズで、このネオジム磁石がテープでつなげられて「磁石テープ」という名で400円弱だったので購入しました。本来は磁石をセロテープでくるまないと傷がつきやすいそうですがガン無視です(;´・ω・)
今のところ弊害がないのと、ほかのネオジム磁石は1個だけで800円とかするので絶対にこちらがおすすめ。
一袋14粒くらい入っていたと思うのでお得です。

0526_403
奥が台車の通常状態。手前が加工したもの。
まず、もともと取り付けられているカプラー付属のジャンパ栓は邪魔なのでCut♪
加えてカプラーを支えている灰色の大きな四角い部分が、床裏につけたマグネットの厚みに干渉することを防ぐため1~2㎜程紙やすりでヤスリマス。
やすらないとマグネットにぶつかって台車が回転せずカーブで脱線してしまいます...
0430_002
そして、ワタクシもとうとうデビューしました。
KATOの純正室内灯です。このLEDタイプが出る前は各々自作している方も多かったようですが、まぁ買えてよかったと。
0430_003
中身です。思ったより加工が必要なようです。
照明版と照明ユニットをアルミてーぶで接着して、銅板を床の中に差し込んで照明ユニットとくっつけておしまいです。もっと置くだけみたいなものだと勘違いしていましたが、まぁ特に難しい作業はないので、暇つぶしに楽しいい感覚で作れます♪
0526_395
さて、室内灯を組み込んで、先ほど作った通電ジャンパ栓をつなげた状態で連結させてみました。
普通のカプラーでの連結よりかは若干面倒ですが、そこまで手間がかかるわけではないので、よし。

では点灯させてみます...ドキドキ
そいやっ
0526_396
0526_398
ぬぉ~2枚目の写真で見えますでしょうか?
線路と線路の間をあえて話して通電しないようにしています。左側の線路をパワーパックにつなぎ、右側は何にもつなげていない状態にしていますが、通電ジャンパ栓のおかげで左右ともに明るく光ってくれています♪
う~んこうやってつけてみると室内と打ってロマンがあっていいです♪

写真ではうまく表せなかったのですが、もう少し落ち着いて深みのあるオレンジの光を出してくれていて、バッチリ。LEDになったことで白っぽく光らないかな~と心配していましたが、さすがはKATOきっちりカシオペアっぽいオレンジ色の光を放ってくれています。
強いていうなれば、ちょぴっと明るすぎるかもしれません。まぁ許容範囲内かな?

右側はカーブ線路になっていますが、カーブの通過も左右両方マグネットにしたことでジャンパ栓パーツが台車の動きに合わせて移動できるので脱線しません。
ただ、ずぅ~っと放置していると次第に鉄線までもが磁気を帯びてくるのでそこが面倒です(笑)
ネオジム磁石は一つの磁石の中にN極S極があるので鉄線が磁気を帯びてくると、一定の場所にしかいられなくなります。保管が雑で変な位置にジャンパ栓を設置して収納してしまうと、反発してうまくくっついてくれなくなるのが欠点ですが、
パーツがダメになれば、すぐに新しいものに作り替えられるのでその点でもジャンパ栓の別パーツ化はよかったのかなと思います。

最後に以前のE657甲種化の記事で上げていなかったようなので、その際に一緒に走らせたカシオペアのOM入場をちらり。

0415_088
0415_087
0415_086
657甲種と並んで♪
0415_089
0415_090
この時はすでにジャンパ栓工事中だったので、工事をまだしていない6両を使ってOM入場を再現してみました。
0415_085
牽引はEF81 140 双頭連結器があるのでカシオペアの中間車とも実写通り連結できます
140号機も以前OM入場で活躍したことがあるそうですね。

さてジャンパ栓も基本形が築き上げられたので、量産に。
今度は1号車2号車を済ませたので3号車を。
0526_401
食堂車にも光をともらせます。
0526_399
ところが...鉄線を折り返していたらぽろっ...と折れてしまいました(T_T)/~~~
仕方ないので今度はんだ吸い取り線でも買ってきて作り直します...
ついでに床の中にも鉄線を通しているとかさばるので床の中は細い銅線かアルミ線にして、磁石ユニット部分のみ鉄線にするのもありかな...
いろいろ思考中です。アイデアお持ちの方先駆者の方、アドバイス等コメントお願いします...


以上!通電ジャンパ栓製作でした~!
近々一編成が整った姿が見れると思いますのでお楽しみに♪


ブログ村に参加しています。お手数ですがクリックしていただけると嬉しいです!
新年度、わしも一歩成長じゃー!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村



今回ご紹介した室内灯はこちら!フル編成の場合2箱必要なのでご注意。お手元でカシオペアらしい柔らかな光を味わって♪



Youtubeチャンネルあります!3.21にラストランを終えてしまった寝台特急カシオペアや、最後の寝台急行はまなすの様子や車内放送、展望動画などを収めたPVを絶賛公開中!ぜひご覧ください!