どうもみなさんこんばんは
最近写真を時系列順に並べるよう設定すると時空が歪んでしまうことが悩みのばみゅーだです。
PCに写真を取り込むときには いつもフォルダの名称をもともとのカメラの番号の振り方とは変えて日時を入れるように設定したんですけど、連写をすると同じ一秒間に何枚か写真が撮れるわけでそうすると取られた順に1.2.3と番号が振られるようになっているわけなんですよ。
そこがどうもうまくいかないのか明らかに写真の中で電車が前に進んでいるのに、突然後ずさりし始めたりして ちょっと困ってたりしています。  
なんでかね...?
 
えぇすみません..昨日は少し用事があって久しぶりに一日出かけていたら体力が持たなくてまた寝落ちしました(^_^;)
なんだろう本当最近体力がないことを痛感します...
もう少し頑張らないとマズイですね(^_^;)

さて、今回は最後の北海道行きカシオペアが先日ありましたからその最後の姿をお見せするだけの記事でございます(笑)

02251527_01
最後の北海道行きカシオペア撮影地に選んだのは...そっS字カーブで有名のワラナン♪
02251621_03
相変わらずWB設定でさまよっているようですね(^_^;)
02251621_06
もうちょいシャッタースピードは落としたほうが良かったのかな...

で、早くも本番のカシオペア
(相変わらず人気で多くの撮影者が訪れるために、毎度立ち位置にこまるワラナン。今回もしばらくあそこがいいかココがいいか、はたまた後ろの人に写り込まないかなどと考えていたらあまり落ち着いて練習できませんでした(^_^;)構図はいいところだと思いますが、個人的にいろいろ面倒なので好みじゃない撮影地です...)

02251635_03
02251635_03_01
02251635_03_01_edited
02251635_07
02251635_12
WBは日陰(最近はまってる)にしてみたのですが、普通のカシオペアならまだしもEF81 81には極めてやってはならない設定だと後々痛感。
EF81 81らしいローズピンクの色合い保てているでしょうか...??

デバイスによってなのか画面の角度によってなのかあるいは僕の気のせいなのかはわかりませんが、スマホで見るのとPCで見るのとは違ったのでGmailで微調整をしては送信を繰り返しました(^_^;)


そういえば、前回のカシオペア撮影記の記事で
WBについて嘆きの文章を書いたらたららんさんからコメントを頂きましたんで少し撮影環境について最後に語って見るとします。

コメントにはRAW撮影なら撮影後になんでもできる...と言われてしまったのですが、
私がいつもやっているのはJPEG(これじぇいぴぃいぃじぃだと昔は思っていたのですが、じぇいぺぐなんですよね(笑))での撮影。
というのも
1018_1917S
昨年の秋に新しく購入したコンパクトデジタルカメラ用にSDカードをネットで探したら(ネットで販売しているSDカードの中には保証はつかないけれどめちゃくちゃ格安の並行輸入品が転がってて、値段で釣られるタイプの僕はこの並行輸入品をこよなく愛している)32GBがまさかの1000円だったので、容量不足が悩みの一眼用にもと購入した、コチラのSD。
32GBはもちろん、静止画というより高画質の動画を撮るのに向いているレベルのUHS3、CLASS10のSDカードを使っているのですが、これでも生の画像であるRAWで連写するとやはりフルスピードではなかなか難しい模様。
数撃ちゃ当たる系男子の下手くそ一眼ユーザーには連写が必須なんですよね。

それに加えて僕がRAW撮影をすすんでしないのにはもう一つ理由があって、RAWの編集ってめっちゃ複雑じゃないスカ。何度かトライしてみたんですけどいまいちこう感覚がつかめない
まぁこれも習うより慣れろなんでしょうけど。
さらにNikonは純正のソフトでJPEGでもある程度の最後や明るさ等の調節ができますから、どうしてもJPEGに依存してしまうところがあります。。。

どうなんでしょうね
どうでもいいようなときにちょいちょいRAW画像で撮影してみるのもありなのかもしれません。

皆さんはどんな撮影環境で撮ってますかぁ~?
教えてください(^_^;)




以上、最後の北海道行きカシオペア撮影でした。
今季はあと一回かな?4月にももう一回発表されたみたいですが、以前のように頻繁には走らなそうですね...


カシオペアファンを含む鉄道ファンの方々からも注目が高い「四季島」
情報もいくつかでていますが、文字変換にもでてこないような名前の、富裕層だけが乗車するような日本のお高い遊びを、正直僕はあまり嬉しい気持ちでは見られません。
今、改めて交通手段である「鉄道」の本来あるべき姿を考えさせられるような列車だと、僕には思われます。数多くのクルーズトレインが発表されて、全国に先駆けて始まったななつ星のクルーズとはまた別の新たな試みも四季島には数多くあります。果たして四季島は日本の魅力をめぐる良き観光列車となれるのでしょうか。