みなさんこんばんは~
最近本当に記憶力が低下しているばみゅーだです...
記憶力って、色々あるみたいですけど本当に全般的に。長期記憶も短期記憶も中期記憶も...
まず自分の年齢をパッと思い出せない。学年はわかるのですが年齢で聞かれると、あれ14歳だっけ15歳だっけ?と迷ってしまいます。あと身長体重は全然覚えていません...
短期記憶で言えばわかりやすいのが、つい数秒前にやろうと思ってしまったことを忘れてしまうやつです。
インターネットで何か検索をしようと思っても、スマホを開いた時には何を調べようと思っていたのかを忘れるどころか、そもそも何をしようと思っていたか、調べるという行為自体を忘れています。
結果スマホのホーム画面を右に左にスライドしているだけで、我に返った時に「あれ、なんで俺ずっとホーム画面左右してるの?www」で終わっちゃう。
とにかく本格的に記憶力やばい気がしてきました...(あれ、この話前もしたっけ?)

以上、どうでもいいですね。
記憶力に詳しい方 (?)どなたかこのイカれた記憶力を解消する方法を教えて下さい...
 

さて、近々仙台旅行記に入ろうかとは思っているのですが、その前に一つご紹介しておきたい商品がございますのでね。今回は珍しく本の紹介をしてみようかなと。

え~前もって言っておきますが私は本をほとんど読みません。
本自体はきらいじゃないので気に入った本や特にオモシロイと思った本はじっくりと時間をかけてたまに読みますが、毎回毎回文庫本を買って電車の中で読むような文才ではないので、速読とか斜め読みみたいな特殊な必殺技をかますことも出来ません...
ですから本自体にはほぼ知識がありませんし、第一まだ自分も読み終えていないので、カシオペアファンとして良いところを幾つか取り上げていくだけです。

ただ、本を読まない僕がわざわざ紹介していくんですから結構いい本だとは思いますよ?

2017-03-29-17-22-15
 今回ご紹介するのはこちらのイカロス出版「消え行く夜行列車 寝台特急『カシオペア』」

こちらはカシオペアが準定期運行(?)を終了した頃に発行された本なので、結構時間が立ってしまっていますが大きな書店なんかにはまだ残っているんじゃないかと思います。
昨年からカシオペアについての特集が組まれた雑誌や、このようなカシオペアや寝台特急などのみを取り上げた号外ほか様々な書籍が出版されていて、カシオペアファンの自分としては何としてでも買いたいと思っていたんですがね...
なかなかお金はないもので、結局一年が経ってしまいました。
少し前に図書カードを3000円分頂く機会があったので、せっかくだからとコレを購入することにしました。
本当に書店に行ってどれが良いかいろんなカシオペアの本をペラペラめくってみたんですが、ひと目見てこの本の内容の濃さに圧倒されました。

BlogPaint
 あんまり中身を見せてしまうと良くないですからね、あれなんですけど、
例えば最初の一コーナー目はこんな感じ。
各車両の外観、内装を写真・イラストで 結構細かく紹介してくれています。
結構細かく、というのが本当に細かいわけで、実際に乗車したことがあっても知らなかったり気づかなかったりした部分、乗務員のみが使用する部分など本当にガチの細かくです。

各車両の紹介は、客車だけにとどまらず予備の電源車「カヤ27」や牽引機EF510・ED79・DD51に加え現在のクルーズも牽引するEF81まで!
機関車の車内や運転台はなかなか自分も見たことがないので、初めて見る写真も多く驚きました。

 
他にも、有珠山噴火による山線迂回を深く掘り下げた記事や、北海道寝台特急などの他列車を紹介する記事、色んな雑誌に掲載されている寝台特急の紹介雑誌なら定番とも言っていい乗車レポートに加えて(おそらく原本の?)カシオペア車両の図面などが掲載されています。
車両の特徴から断面側面一階二階、山側海側など、同じ車両でも細かく区別された上で掲載されていて本当に充実した内容です。


特に機関車関連の話題や僕がまだ生まれていない頃の山線迂回の話なんかは知らないことも多いですから、驚きとわくわくが止まりません!
まだカシオペアは走っているもののなかなか乗車することが出来ないので、こうした雑誌の情報をまた改めて乗車して実際に目で見て見れないのが残念です。
 


さて、長々と話してしまいましたが、本当にひと目で惚れた雑誌でした。
いろいろな寝台特急が浅く広く紹介された雑誌も面白いですが、本当にカシオペアが好きで、カシオペアだけを見たい!というアツい方にはゴリ押しできる一冊です(笑)
書店では特にパッケージもされずにパラ読みすることが出来ますので、興味があるけれど半信半疑という方はぜひ一度ご覧になってみることをおすすめしますよ!(僕は新宿東口の紀伊國屋書店地下一階で購入しました)

さてと、僕も時間を見つけてゆったり横になりながら味のある文章を隅から隅まで読みふけってみたいと思います。
それではまた次回~~~


今回ご紹介した本はコチラ!Amazon・楽天から新品を入手することが出来ます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

消えゆく夜行列車寝台特急「カシオペア」
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/3/30時点)




(掲載しているリンクは記事作成時点で最安のAmazon・楽天商品ページです。当ブログは商品の販売には携わっていません。商品の配送や在庫お支払などについてはそれぞれのショップページにお問い合わせください。また商品の購入などで発生した損害に一切責任を負いません。)


ブログ村に参加しています!お手数ですが、クリックしていただけると幸いです!今年度もあと少し...やっべぇ...
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


Youtubeチャンネルあります!3.21にラストランを終えてしまった寝台特急カシオペアや、最後の寝台急行はまなすの様子や車内放送、展望動画などを収めたPVや、今はなきL特急スーパーカムイの札幌駅放送もあります!





紹介した本:塩谷茂代「消え行く夜行列車 寝台特急『カシオペア』」イカロス出版(2016年3月20日)