皆さんこんばんは~
最近ちょいちょいお買い物が多いばみゅーだです...
常磐線のE531系増結を買いましたが、その後ヨドバシカメラでカシオペアの室内シールも買ってしまって...AHAHAHA(^_^;)
それでも
最近のKATOさんは本当にラインナップが良いところをつついてくるもんですから、物欲は増す一方...
本当に困ったものです(T_T)


さて、今週に学校も始まりましてとうとうネタも尽きてまいりましたから春休みに行ってきた仙台旅行記でもやりましょうか。
今回は泊数も一泊二日でしたし、父親と一緒だったので普通にブラ歩きも多かったのですが、まぁ仙台の雰囲気を感じるテイストで、ご覧いただければ幸いです。


それでは早速ですが、足早に。
  03250626S
今回は仙台までの乗車ということですので、特に何に乗っても問題ないためまだ乗車したことのなかったE6系に乗車してみることに。
03250626S_01
 やっぱり、これはついつい目が行っちゃいますよね?
ただの板が飛び出ているだけなのに、体重をかけて踏み込んでもちっとも揺れないからビックリです。
少しぐらい沈むものだと思っていたので、頑丈さには驚きを隠せず思わず後ろを振り返ってステップを二度見してしまいました。
03250626S_02
秋田らしく、お米の稲穂をイメージした柔らかい色合いの座席モケット。
はやぶさとほぼ同じ(?)の可動式枕、コンセントが付いた近年の定番普通席ではありますが、2+2配置なのでややラクですし、シートピッチも少し広いと聞きました(調べたわけではなく聞いただけなので本当かどうかは知りませんが。。。まぁ体で感じるほどでは無かったわけですが(^_^;))

ちなみに今回乗車したこまち・はやぶさ1号は、昨年の夏の北海道旅行の際に利用した新幹線でもあります。

で、まぁ仙台まで一時間半ほどでついてしまう近さですからそうゆったりもしていられないわけでして...
03250753S_01
といいながらチョッピリ目に入ったので...
携帯電話・スマートフォンが普及した近代、公衆電話も徐々に遠のいていく近年にこうした広々とした公衆電話スペースが設けられていることに驚きました。

最新鋭の新幹線車両で、「依然喫煙スペースだったものを利用した」とかいうわけでもないのに、こんなに広々と残されているんですね...

さて、気づけば仙台に到着。
2017-03-25-08-06-49

下車して父親と合流。そのままの勢いで松島の方へ行ってみることに...
03250818S
初っ端からハイブリット車両のHB-E210系に乗車。
他の車種に比べれば若干少ないように感じられましたが、あいにく仙台の車両情勢はさっぱりわからないものでコレがどこを走っているのか、何が特徴なのか全然わかりません...(^_^;)

03250847S
さて、仙台周辺の路線体型も把握できぬまま高城町へ到着。
2017-03-25-08-46-25
松島周辺の観光地へは「松島海岸」駅が最寄りですが、時間があったので高城町からブラブラと歩きます。

03251017
松島に到着。
朝イチの遊覧船があったので、それに乗船して数多くの島々を巡ります。
震災で崩れてしまったりした島も幾つかあり、まさに「自然」を感じました。
(という表向きの感想の一方、ぶっちゃけると乗組員(?)や港にいらっしゃる作業員の方を見てビックリ...船内でお菓子などが販売されている売店兼受付のようなスペースではくつろぎ体制でスマホに夢中...えぇ...整備された乗船券発売所や、船とは違ってまるで漁船のような状態でちょっと驚きました)

まあそんなことは気にせずにテンションを上げて行きましょう
03251018
船内は、2回の特別席(?)(追加料金を船内の受付で支払い利用する形になります)と、一階の普通席に分かれており、加えて船外のデッキ(後方のみ)から景色を眺めることが出来ます。
景色は、一階の窓も非常に広々としていて楽しむことが出来ました!
が...やっぱり船外で潮風を浴びるのが一番ですよね?(笑)

ということでデッキでしばし撮影したのでその写真を幾つか上げておくことにします。
たくさんある松島湾の島々ですが一つ一つにストーリーと名前があり、船内の2カ国語自動放送でそれを聞くことが出来ます。ただ、それらを覚えておくことは相当な量で難しいので...写真だけ...
03251018_01
03251019
03251037
03251037_01
03251051

島と牡蠣の養殖のためのいけすの間をぬけながら湾内をぐるっと一周してきたわけですが、
やっぱり潮風は心地よくていいですねぇ♪
03251053
乗船したのはこんな感じの遊覧船!
窓が大きいのが特徴です。

03251054
遊覧船が着岸する埠頭には、他にもいくつかの遊覧船がおり、中には遊覧船なのに写真のような方向幕とかLED表示機なんかがついているのがなんとも面白かったです(笑)


乗船後、待合所らしき施設の中に入って一休みしている時に、ふと見つけたもの
03251058
津波の高さを残すために、こうした記録がされていました。
03251058_01
わかりやすく遠目で撮るとこんな高さです。
そうそう身長の高い人でなければ、普通に頭までの高さ。
03251059
今年で震災から6年がたったわけですが、街を見ていると本当にキレイに整備されて整っているように感じられる街でもありました。
気仙沼や石巻など、テレビでも大きく取り上げられている被災地ですが、いざ訪れてみると深刻な被害を免れた地域もそう少なくはないのかな?と思いながら街を歩いていましたが、
改めて大きな被害を受けていたこと、そして何より早く復興が進んでいるということを実感しました。


さて、そうした震災の爪痕を感じつつ、海を横目にせっかくですから仙台名物「笹かま」を食べに街歩き。パンフレットで笹かまを自分で焼いてできたてで食べられるお店を発見したので行ってみました♪
03251104_01
2017-03-25-11-04-44
200円ほどでしたでしょうか?お店で生のものを頂いて、自分で焼いて食べられます。
ただ焼くだけなので一見地味ですが...
03251107
こんがり焼き目の付いた笹かまをあっつあつの状態で食べられるのは、本当に至福のひととき♪
おみやげで食べるような冷たい笹かまよりも、香ばしくてぷりっぷりの食感でめちゃうま~

03251117
島々を横目に...
03251123
03251123_01
こうしてみていると、いたるところに津波の高さを記録する目印がありました。
03251127
写真を撮り忘れてしまいましたが、もう一つの宮城名物「牡蠣」を生と焼きでいただきました。
自分は正直...焼きのほうが好きかなぁ?

03251152
03251218
2017-03-25-12-14-05
03251225
03251226
03251226_01
福浦島という有料橋を渡った先にある島まで行ってみました。
あいにくの天気で、雨も降り出しあまりきれいな景色は望めませんでしたが、自然豊かで多くの外国人観光客も見受けられる、そしてなぜだかカップルの多い不思議な島でした。
何か縁結びのパワースポットにでもなっているのでしょうか?

海辺を歩いたあとは、お昼の時間になったので近くの市場(?)で海鮮ものを食べにいきます。
03251304_01
03251313_01
あら汁や、カキフライ、ホタテ、炙りマグロ漬け丼などなど、うまそうな海鮮ものをお外で。
父親は寒い寒いと行っていましたが、両親に脅されて厚着をしていったせいか本当に暑くて死にそうでしたので、外の冷たい空気を感じながらLunchtime!

03251355
松島の最寄り駅、松島海岸駅に到着。
03251402
03251402_05
これから、ぶらぶらとあるきに石巻を目指します!

石巻駅から歩いて30分以上はかかったでしょうか?
もうくたくたに疲れ果てた時、立ちはだかる急な階段...
階段を上った先で見た景色がコチラ!
03251536_01
急な階段を上っただけあって、石巻の海を一望することができます。
さて、ここはどこかといいますと...?
03251545_01
東日本大震災で津波の避難場所ともなった「日和山」という山になります。

2017-03-25-15-37-04
パネルで かつての沿岸部の写真を見ると一目瞭然。
数多くの建物が残らず流されたことがわかります。
03251540
道路を歩いていてもいたるところでまだ工事がされていて、いっぽうで道路の幅が広くきれいになっていくことを実感しました、
町を見ていてもなんとか生き残った家があることは珍しく、大体建物があるときは真新しい雰囲気が漂っていました
03251538
そんな津波で襲われた石巻の町を背に、まっすぐ立つ白い碑。
「世界人類が平和でありますように」
この日本らしい力強い文字が、グッときます。


03251545
こんな碑もありました。


神社や公園などがあるこの日和山ですが、何より町では誰一人としてそれ違うことがなかったのに、いざ上ってみると相当な数の家族連れや夫婦などが訪れていて驚きました

公園でわんちゃんと遊ぶ方もいましたが、中には初めて訪れた方もいらっしゃったようです。


さて、そろそろ日も傾いてきました。仙台へ戻ろうかというとき、Googleマップに石巻貨物線たるものが存在することを発見!(お恥ずかしながら、この日まで私は石巻貨物線の存在を知りませんでした(;^_^A


いざ調べてみると、ちょうどいい時間帯に何本か列車が走っていることが分かったので、駆け足でよさげな踏切へ。(どこがいい撮影地なのか調べてる時間がなかったのでただ最寄りの踏切を目指しました。)
03251636
相変わらず結構な距離を歩きましたが、何やら貨物線らしい小さなディーゼル機関車を発見‼

石巻方面の列車は駆け足で向かった努力もむなしく行ってしまったようですが、40分ほど待てば反対側の貨物駅方面の列車がやってくることを知り、踏切で待機。
(方面の説明がわかりずらくてすみません、貨物駅へ向かう列車は石巻線で一度石巻へ向かった後スイッチバックして石巻貨物線へ入線、貨物駅到着というやや特殊な構造であるため説明が難しくまた上り下りもどう説明すればいいのかわからなかったので「石巻線方面」「貨物駅方面」と表記させていただきました。詳しくご覧になりたい方は「石巻貨物線」で検索してみてください(;^_^A)

踏切には同業者の方がすでに三脚を立てて待機されており、構図も超ベストポジションだったのでお隣に失礼して待機。
03251640
こういうところでは、線路をねこちゃんが横断することも珍しくないよう(笑)

ちなみにこの石巻貨物線、何を運んでいると、貨物駅に隣接されている製紙パルプ工場から製紙パルプを輸送しているみたいです
東日本大震災以降は、震災で出たがれきなどの廃棄物も輸送しているようで、以外にも石巻貨物線の活躍ぶりには驚きました。

さて、そうこうしているうちに踏切が鳴って貨物列車がお目見えしたのでシャッターを切ります。
03251642_01_edited
03251642_05_edited
03251642_08_edited
03251642_13_edited
ラッキーなことにちょうど順光で本当に気ままに来ただけだったのにまずまずの成果が得られて満足。
03251643_01
03251643_02
後ろを振り返ると面白いのが反射板を一つしかつけていないところ、
どうやらまだ理解しきれていないのですが、東北本線からやってきたこやつは石巻貨物線内の有効長の関係で石巻線にて一度半分に分割されるうえスイッチバックで編成の両方が最後尾になるためその使いまわしでなんか反射板が一枚しかつかないらしいです(まぁ意味があるんだなぁ程度に思っていただけると幸いです。僕も理解しきれていないのであんまり本気で受け止めないでくださいね(;^_^A)
03251645_01
03251646
後ろを振り返ってみるとなかなか、工業地帯の貨物駅らしい風景でしょ?
とてもよかったです。

03251712S
さてそこからまた遠い道のりを歩いて最寄りの陸前山下駅に到着。
ここから仙台へ戻って夕食をたべますが、初回から結構長くなってしまったので続きはまた次回、
念願のカシオペアを撮影します!


が...ここで悲劇発生??


次回もお楽しみに~


(P.S.)本当は先週に公開するつもりで作成していた記事を、更新スケジュールの関係で作り置きしておいて今日公開しました。冒頭のコメントなどで、ちょっくらタイムラグがありますが、細かいことは沖にめさらず...(^_^;)


ブログ村に参加しています!お手数ですがクリックしていただけると幸いです!そろそろ行きたい!5万人突破!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


Youtubeチャンネルあります!3.21にラストランを終えてしまった寝台特急カシオペアや、最後の寝台急行はまなすの様子や車内放送、展望動画などを収めたPVや、今はなき北海道のL特急スーパーカムイ札幌駅放送など公開中!