THEカシオペアリベンジ

行くぜ!北海道♪~THEカシオペアリベンジ!~

さてさてお待たせしました。
もう夏休みも終わりですね涙
天気予報でも数十日ぶりに真夏日じゃない日となったとかなんとかで、日も短くなってきましたし、秋を感じます。
夏は夏で忙しいですが、秋は秋で忙しいですよ♪
さてとそんな夏休みの終わりですが、現地速報に続いて先日の旅行記やっちゃおうと思います!
題して「THEカシオペアリベンジ!」


以前カシオペアスイートのチケットを奇跡的に手に入れたばみゅーだ一行は、寒い冬でしたが北海道へと向かいました。寒い中真っ白の雪と交えて残りわずかとなった3つの寝台特急「北斗星」「トワイライトエクスプレス」「カシオペア」の撮影にチャレンジしたわけですが、なんだかんだで「北斗星」と「トワイライトエクスプレス」は何とか成功したものの「カシオペア」だけは撮影できず...
いつかはDD51の勇姿をカメラに収められることを夢見て、たま~に大宮のほうまでEF510のカシオペアなどを撮影していました
以後少なくとも今年は北海道には行けないだろうと思っていましたが、まさかまさかの...
父親から夏休みの旅行に誘われ「特別なトワイライトエクスプレス」に会いたかったのと、以前関西合宿でばったり出会って自然とできた現地の友達に会いたかったので関西に行きたいといったのですが。
父親が関西は暑いから絶対嫌だと言い張り、北海道を提案してきたので、まさか北海道を出されてはぐうの音もでませんから北海道に行くこととなったわけでございます。(まったくこの贅沢もの!)
あ、ちなみに今回も父親との旅行となりましたが、決して母親がいないわけでもなく、また置いてけぼりにしていくわけでもないのですが、疲れるだけなので行きたくないといいまたしても男2人の旅行になりました


では、いざ出発♪
DSCF1082
今回は朝早くの飛行機で羽田から新千歳へと飛び立つプランだったので、京王線の始発と都営大江戸線、東京モノレールを利用して羽田へと向かいました。
本当はこの次の普通がよかったのですが、運がいいのか悪いのか浜松町駅でこの区間快速に間に合ってしまい非常に混雑した中を立って乗車しました。
まぁおかげでモノレールでは珍しい、優等列車(?)に乗車することができましたのでその種別をパシャリ
DSCF1083
新型のようでしたので撮影したかったのですがぶれちゃいました(てへぺろ♪)
DSCF1084
今回搭乗するJALの国内線は羽田空港第1ビルからの出航となりますので、途中で下車。
改札を出てみるとこんなものが広げられていました。
模型を駆使して東京モノレール全区間を完全再現です。
モノレールや鉄道のスケールは一般的な150/1のようですが、案外小さかったのが印象的でした。
こうして考えると羽田に比べて成田空港がいかに遠いかがわかります(あと自宅でもある程度の距離が模型で再現できるんだな...なんちゃって)


いろいろ手続きをしたりして、JALの手荷物預かり所の正面にある「朝ごはん」とまんま書かれたお店で朝食を。
このお店、僕が紹介するとなんだかファーストフードみたいな感じに聞こえてしまいそうですが、実は相当お上品な日本伝統の和食のお店でとてもおいしかったです。
メニューは「鮭膳」と「白粥」の二つとシンプルですが、その中身は非常に贅沢♪
出発前の朝ごはんなのにとても満腹でした~
ぜひ第1ビルをご利用の際は立ち寄ってみてください(朝ごはん以外もやっているそうです)

ちなみにこのお店、飲み物がお茶じゃなくておだしなんですよ!これがまた絶妙な味わいで♪
と羽田のグルメはここら辺にして。


少しドタバタしながらもしっかり飛行機に搭乗。
おぉ~人生で往復で2本と数えれば3回目の飛行機。
前回は小学一年生の時にこれまた父親のボーナスをかじって豪華旅行をしてきましたので(汗)
少々記憶も薄い頃。久しぶりの飛行機にワクワクしながら搭乗ゲートへ。
DSCF1085
いろいろなJAL機が並んでいます
残念ながら僕が大好きな嵐のラッピングはいないようですが(微妙に期待していた)、まぁそれはそれでいいでしょう
DSCF1086
7:15の新千歳行きが我の飛行機であります
DSCF1088
DSCF1089
DSCF1090
搭乗便発見!お盆の時期もあって、飛行機も総出なのか少々コンパクトな機でした。
とそのまえをコンテナが通過~
向こうの賑わいも結構魅力的です。
BlogPaint

こちらが搭乗券です。
DSCF1092
DSCF1094
これを進んでいくと...
空への旅!
DSCF1095
いざ、出航!ってときに限って景色に気を取られていたのと、ビデオカメラをとっていたので一番最初の写真はもうこんな上空ですがちょっと傾いているのがわかる1枚!
離陸の時のふわっと浮く感じは何より最高でした♪
前回は耳がキーンとして飛行機酔いもあったようななかったようなであまりいい思い出でもなかったようなそうでないようなでしたが、今回は景色もきれいで楽しかったですよ!
DSCF1097
層雲峡に行って雲海を見なくてもこれなら、満足?(笑)
DSCF1098
雲の合間から山地と集落がよく見えます。
DSCF1099
DSCF1100
扇状地もくっきり♪
意外と見えるもんですね!
DSCF1101
DSCF1102
DSCF1103
一方でこんな雲の中を通ることも何度かありました。
DSCF1104
うっすらと
飛行機の影が写真に写っているのわかりますか?
2枚目では影の周りにうっすら虹も!
DSCF1105
DSCF1106
これだだとわかるんじゃないですか?
DSCF1107
DSCF1108
さてといよいよ着陸です。空港が陸上にあるとどっかの建物に接触しそうでハラハラする無邪気な中学生でした...
DSCF1109
さてと着陸。
DSCF1110
IMG_5212
到着前には離陸する飛行機を滑走路で見送るシーンも。
ちょっとハラハラです。それにしても迫力はありました!
DSCF1112
お客さんがみんな降りていくのを待って、一番最後に飛行機を降りました。
もちろん鉄道と同じように機内の様子を撮影するため!
降り際にアテンダントさんから「飛行機お好きなんですね」と言われてしまいました~
3分の1はブログに掲載するため、3分の1が鉄道と同じ乗り物として興味があるため、残りの3分の1が久しぶりの飛行機でワクワクしていたためなんですけどね...(汗)
手前はビジネスクラス(?)で、奥が僕らの普通席になっています。
DSCF1111
お客さんが下りる間に自分の席の後ろをどアップで


さてと、いよいよ北海道上陸ですよ!
DSCF1113
DSCF1114
今回搭乗した飛行機。
安全なフライトをありがとう!
DSCF1115
空港で手荷物を受け取り、外へ出るとあらビックり、すぐそこが新千歳空港駅なんですね!
一度乗ってみたいな~なんつって

トヨタレンタカー窓口で手続きをおこない、マイクロバスで数分のトヨタレンタカーへ。
トヨタのネッツを借りて、いざ出発!行く先は、北斗星の撮影地♪
植苗~美々間の撮影地なのですが、ちょ~北海道らしい撮影地でした。
砂利道をしばらく行って、草むらの中の撮影地なのですが、まぁ線路に近いこと。
踏切はあるのに柵がないので簡単に線路内立ち入りができてしまいます
※できるだけでしたわけじゃありませんよ!鉄道マニアとして絶対に線路内立ち入りはやめましょう。
でも、柵がないことは鉄道マニアにとって別の意味でありがたい。なんたって撮影の邪魔がいないのですから♪
DSCF1116
踏切から撮影。これじゃぁ駄目ですね
DSCF1117
ギャッ、反対側から来た。
やはり札幌に近いので本数もそこそこ多いです。
DSCF1118
後追い~
DSCF1119
すれ違い~
DSCF1120
見てくださいよこの広さ!
DSCF1121
もう少し奥に入ったところに、線路のほうへ上れるだろう、草の分け目?を発見。
その先には架線柱がデンと立っているのでちょっぴり入っていいのか戸惑いましたが、警笛もなにもならされないのでここら辺が限度なのでしょう。
その奥にバラスト止めがありましたので、それが境界なのかな?
そらくここがサイトに載っていた撮影地なのでしょうが、草がボーボーで大変でしたよん。
夏は虫よけをしたりして自分の対策をするとともに、背の高い三脚を持ったりするなどある程度線路内の草への対策もし他方がいいかもしれませんね


夏の北海道はこんなにいるのか!というほどのアブやハエにまみれながら待つこと30分程度。
あれ...来ない!
と思ってTwitterを開いてみれば。まさかの東北での大雨の影響を受けて数時間遅れだとか...?
ぎゃぁぁぁ。
この後乗馬体験なのでこれ以上待つことはできず次の貨物を撮影しておしまいです。
DSCF1122
んん。まあぁおっけ~


ということでこの後は車を出して、日高地方の乗馬クラブへ行ってまいります。
今回はここらへんで!
次回、きゃわうぃお馬さんたちが登場!
みなさんお楽しみに!


ブログ村に参加しています。お手数ですがクリックしていただけると嬉しいです!目指せ、夏の急成長♪

にほんブログ村

馬に乗って、洞爺湖の花火~THEカシオペアリベンジ~

さてさてほんとずいぶん涼しくなってきたもんですね~
こうして暮らしても「ミーンみんみんバジバジっ」っとアブラゼミが鳴いていると、暑苦しく感じちゃいますが
「オーシーつくつく、オシーツクツク...」とツクツクボウシが鳴いているとなんだか不思議と涼しげに感じられるものです。
あぁ小さいころ、大きな昆虫の図鑑を床に広げてツクツクボウシの鳴き声をBGMに眺めていたものです。


とそんな穏やかな話はさておき、北海道旅行記第二弾!
いよいよばみゅーだ戦国時代へ!?ではどうぞ♪



DSCF1123
とりあえず、乗馬クラブのある日高地方へと自動車を飛ばしたばみゅーだ一行
乗馬クラブの比較的近いところに、地元のおそばを使った居酒屋さん兼お蕎麦屋さんのようなお店がありましたのでお邪魔しました。
エビ天そばをいただきましたが、いや~おいしかったです。
その後、写真の景色が見えるサラブレット銀座という展望台にお父さんのリクエストもあって寄り道。
DSCF1124
広々とした北海道らしい景色を眺めることができました

さて、そのあとはいよいよ「新冠ホロシリ乗馬クラブ」というところへ!
少し早い到着となってしまいましたが、受付のおじちゃんが温かく出迎えてくださり、長ズボンに着替えて長靴とヘルメットを装着し出番を待ちます。

しばらくすると、ぼくの前の回の人たちが馬に乗ってやってきました。
いやぁちょっぴりでかい!
とまぁいろいろありながらもう一組親子の方々と一緒に4人で乗馬♪
あの「北島三郎」の馬だという「キタサンキングオー」に今回乗馬させてもらいました~
いやぁいい子でしたよ~

なんだか随分と北海道はアブやハエ関連の虫が多いようで、馬にもよってくるのでそれを嫌がる子が多かったのですが、僕ら一致団結で(?)ハエと闘いながらぱかぱかと約50分乗馬することができました。
とっても楽しかったです!

DSCF1132
今回乗馬したのはこのこ!
DSCF1137
こんな感じの場所になっています!
300円ほどでニンジンを上げることができるので、乗馬の後は「ありがとう」とニンジンをプレゼント♪
みんなむしゃむしゃと食べていました


お馬さんたちとお別れをして、もう洞爺湖のホテルへと向かいます。
高速の中ではもうぐっすり(笑)
北斗星をリベンジしたかったのですが、とりあえずホテルへと直行しました。
ところが、まぁなんとたくさんの中国人ですこと!
びっくりするほどわんさかいましてですね、夕食が遅くなってしまうとおっしゃっていたので、急遽北斗星の撮影に直行!
必要な荷物だけ持って車に乗り、そこら辺のお手軽撮影地をとばみゅーだお得意の跨線橋へ向かいました。
DSCF1140
こんな感じ?
DSCF1141
んん♪ローカル線っぽくっていい!
DSCF1144
反対側からみんな大好きキハ40もいらっしゃったり!
で、お次が本題の北斗星!
と・こ・ろ・が
どうもデジカメの液晶で見てみると、暗くてノイズがかかっているように見えてしまい設定をいじくっていたところ...
DSCF1145
こんなになってしまいました...泣
うそでしょぉ!やっぱりデジイチがほすぃ!
くそぉぉぉぉ...という悲劇の一幕でした。

さてと豪華なお夕飯のお時間でございます。
北斗星の悲劇は伏せて、いざ洞爺観光ホテルへ...
大きなカニや、焼き肉(燃料が切れて焼けなかったお肉たちがあったなんて言うのはヒミツ...汗と涙)にお刺身からきれいな日本料理たち♪いろいろあったけどとてもおいしかったです。
デザートには北海道の夕張メロンもお出ましで最高のお夕飯でした!
ごちそうさま~

さてと食後にゆったり...というわけにもいかずそろそろ洞爺湖花火大会のお時間でございます。
ホテルのすぐ裏にある湖畔にでて、花火を眺めます。ホテルの方が、お部屋からでも眺められるものの、最後のほうは見えにくいとおっしゃっていました。花火はなんと船から打ちあがるので打ち上げ地点が動くんですよね!
ではその花火を眺めて今回はおしまい!
DSCF1146
DSCF1147
DSCF1150
いろいろしっぱい。花火はむずかしい!(デジイチがあればなぁ)

DSCF1152
これいい感じ?
DSCF1153

DSCF1154
これも!湖の水面に反射してとてもきれいです。
DSCF1155
DSCF1156
DSCF1157
DSCF1158
DSCF1159
毎日行われている春から秋にかけて毎日開催される「ロングラン花火大会」というものだそうで20分のものでしたが東京と違って人も少なく、あまりない湖からの打ち上げということもあってとても面白かったです!
その後、近くに街の明かりの影響を受けなさそうな場所があったのでそこで
「ペルセウス座流星群」を鑑賞。やっぱりきれいな北海道ですよ。いくつか眺めることができました(ちょっと曇ってて満点の星空ではありませんでしたが...)

歩道付近からの鑑賞だったのですが警察車両がずーっと止まっていて急にサイレン鳴らして自動車追っかけるのでまぁ恐ろしい!
父親によると一旦停止しなかっただとか...?


電灯も少なかったのでなんかお化けでも出てきそうで楽しかった?夜でした。


さてさて次回、いよいよカシオペアリベンジなるか⁉お楽しみに!


ブログ村に参加しています。お手数ですがクリックしていただけると嬉しいです!目指せ、夏の急成長♪
<
にほんブログ村br />
Youtube動画あります!ちょっと涼しくなってきた今日この頃。夏の暑さの疲れを上の東京ラインの車窓で癒してください♪

いざカシオペア!~THEカシオペアリベンジ~

みなさんこんちわ!
しばらくの間投稿ができなくてすみませんでした!
夏休み名物「地獄の宿題」に襲われるばみゅーだはいろいろ頑張っているところでして、ブログの投稿が長い間できませんでした!(あきれてブログ読むのやめたりしないでくださいね...汗)
さて、いよいよ8/30ブログ開設日(初回投稿)から1周年を迎えます。
はじめはストレス発散(?)的な感覚で気ままによくわからないことばっかしを投稿していた当ブログ。
いま、ではこんな感じで旅行記を書くほどにもなり、楽しくブログをしています!本当にありがとうございます!
明日から来週日曜までブログ開設1周年喜んで、毎日投稿頑張る!
というわけでさっそく行っちゃいましょう♪

花火やペルセウス座流星群を眺めてすっかり遅くなってしまった我らばみゅーだ一行は、徒歩でホテルまで戻り温泉でゆったりした後、和洋室のうちの洋室部分にあるベットでグッスリ...
今回のお部屋はなんと贅沢なことにお食事は和室部分で、洗面やベッドは洋室部分にあるというわけ!
和室もあるのでお部屋に入る際には靴を脱ぐわけなので、絨毯を靴下や裸足で歩くというわけでございます♪

グッスリといっても、翌日はカシオペアの走行日。せっかくなので明るい洞爺湖をブラブラ散歩したいこともあって朝早く起きます。
さてとカーテンを開けたら...あら絶景!前日の夕方も十分綺麗でしたがやっぱり朝はすがすがしくていいですネ!
DSCF1161
DSCF1162
景色のきれいなお部屋でしょ?
ね?
その後、予想をはるかに上回るほどの大きさだった湖の周りをぶらり散歩♪
ホテルにてバイキングの朝食をおいしくいただいて、いざDASHで北舟岡駅へ。
そうこれこそが今回の旅行の目的の一つ!「カシオペアリベンジ」!
今年2月極寒の北海道を真夏に変えてしまうほど僕を興奮させたのは「カシオペアスイート展望室」に下りで乗車できたこと。当時廃止を1か月前に控えた「ブルートレイン」、北斗星・トワイライトエクスプレスともう一つの豪華寝台特急「カシオペア」を美しい姿でカメラに残すため北海道到着後に撮影をしました。
だが、しかし、ところが、カシオペアだけはほかに比べて(ここ気にしない)非常にひどい!
美しいのうの字もあったもんじゃない。
いつかはDD51にけん引されるカシオペアをカメラに収めたくその時をいまかいまかと待ち望んでいた。
それがまさか半年後に来るとは!

というわけで北舟岡でカシオペアをとらえに行くわけです。
カシオペア通過前には貨物や特急が比較的短時間でやってくるので数十分前にくれば練習ができます。
というわけでレンタカーをすっ飛ばして北舟岡へ。

本当はもう少し早く来たかったけれど、ホテルの朝食とかなんだかんだとかで結局この時間。
極寒の雪の中孤独に撮影した2月とは違い、北海道で初めての先客を発見。
宇宙軒カーブなどの有名撮影地では20名ほど先客がいるだとかなんだとかほかの方のブログには書いてあったものの、北海道で4回ほどインターネットで見つけた撮影地にて撮影しましたが1度も先客に出会ったことがありません。ンなわけがない!と思っていたらまさかの北舟岡で先客を見つけてちょっぴり感動でも落胆。
しかも二人の先客。お一方は跨線橋の上で撮影していらっしゃいましたが、もうひと方は僕のお気に入りポイントでカメラを構えていらっしゃりお隣にお邪魔しての撮影♪
DSCF1163
いかがかしら?天気はビミョーだったけど少々懸念していた霧はかからず、なんとかOK!
とりあえず貨物を仕留めます。DF200最近また模型でも買いたくなった列車です。
DSCF1164
その後反対から特急北斗が。
ホームで一枚。
DSCF1165
後追いでも一枚。
編成が短いからかちょっと左にカメラを向けすぎたかも。
ほかのブログを見ていても、このポイントから海を入れない方もいらっしゃるようですが、このポイントは海があるからイインデス!
というわけで多少の偏りがあっても、また左に「鉄道日誌」って書けばいい(♪)と思って構わず撮影。
そしていよいよ本番!
DSCF1166
遠くから徐々にうにょうにょと動くのが見えたらそれは列車のしるし!
ホームで接近の合図が鳴り響くと、向こうから光を放ってやってきましたぁ。
THIS IS BEST SHOT!(スペルあってる?)
リベンジ成功♪
ほっとした一幕でした。
さざなみを背に、なんども撮影した写真を見直してにやけては見直してまたにやけていました。
DSCF1167
ちなみに後追い。
撮影者さんが移ってしまいましたが、顔は入ってないのでお許しを。
おぉ、俺はあの部屋に乗ったのかぁという意味で撮影!

んン!これで思い残しはない!北海道から笑顔で帰れる!とおもっていたら、ここからが悲劇(?)の始まりでした...
父親と写真を見せ合った後、次はどうするの?と父に聞かれたので
キハ40に乗りに行く!
と言って時刻表を開いたところ、40分後ぐらいに東室蘭を出る列車を見つけられてしまい、そうとなっては鉄道の嫌いな父親は猛ダッシュで車を走らせるんですよ...
もう少し長くいられれば、この数十分後に来る貨物なども撮影できてかつ、次の列車にもゆったり乗車できるのに鉄道が嫌いな父親はどうしても乗らせたいようです。

ぎりぎり出発10分前に東室蘭駅に到着したわれらばみゅーだ一行。
今回の目的はTOMIXから発売されたキハ40を購入しましたので(ひそかに)
その車内放送の収録(全区間全面展望)をするのと美しきキハ40の姿をおさめるために乗車するわけなのですが...

一見キハ40しかいないようにまで見えた東室蘭駅構内にずしりと発車を待っていたのはキハ150の重連...
さらに到着した10分前ではボックス席がすべて埋まるこの込み具合...
挙句の果てに荷物をほっぱらかしにして席取りをしたうえで撮影する始末。
なにやら鉄のにおいプンプン地獄。
なんだよこの集団...(泣)
出発しても前の座席に靴のまま足を放り投げる人がいたりと好き放題...

もちろん車窓動画も取れなければ、車内放送も収録できず危うく眠くなるところでしたよ。
もうついてないとしか言いようがないですねぇ
どうやらそうした集団の正体は...
DSCF1169
DSCF1172
DSCF1177
これを求めていたようです。Twitterでも小幌をうろちょろとする鉄の集団が半端なくいて大変だとは聞いていましたが、まさか自分も巻き込まれるとは。
今回は小幌で降りてみたかったものの、自動車で先回りして長万部にいる父親に叱られるので降りることもできず見届けるだけ
それでも小幌駅では多くの人が乗り降りしていました。ようやくすいたと思えば、小幌から乗車してくる鉄もたくさんいて結局混雑は変わらず...
ひどい目にあいました。

今年の秋で廃止されるそうですが、これじゃあ秘境駅もなにもあったもんじゃありませんね...
DSCF1178
反対側ホーム
DSCF1180
DSCF1181

反対側ホームには人が一人もいませんでした...


さてとそこからゆらゆらと乗車。
長万部駅手前で、超有名の超ロング直線区間の迫力にかんどうすることもありましたが、結果目的は一つも果たせずじまいで帰ることになりました(滝涙)

模型が売り切れると嫌なのではやくリベンジしたいです。

DSCF1182
DSCF1183
DSCF1184
DSCF1185
DSCF1186
乗車したキハ150
DSCF1187
反対側ホームには700番台のキハ40がいました
水タンクの位置などが1700番台との違いのようです。

DSCF1188
DSCF1189
DSCF1190
ずいぶんときれいな150もいるもんですね。

それにしても案外700番台のキハ40が残っていたのは驚きでした!
DSCF1191
反対側からやってきた北斗。
広々とした駅だからとくに場所を選ばなくても記録できるレベルの写真が自然と取れてしまう(笑)
DSCF1192
DSCF1193
あまりにも側面丸出しだったので撮影。
DSCF1194
台車ドアップ。
のりたかったな~キハ40
DSCF1195
ね?新しめのキハ150でしょ?
DSCF1196
んん!冬もとったな~
それにしてもやっぱり夏は人手が多い!
なんてこった!北海道来るなら冬かも...
DSCF1197
駅前を徘徊するまんべくんに遭遇。
地元の交通安全キャラクターだとか...?
暑くて早く帰りたそうでした(笑)
DSCF1199
パネルが駅前に置いてあったので気になってみてみたら、どうやらこういうわけ...

この後、父親がお昼ご飯を川のそばで食べたいだのなんだのということでドライブしながら川を見つけることに。
もちろんおひるごはんはここで購入した、大好物の「かなやのかにめし」なわけですが...
これまたばみゅーだを悲劇が襲います...
果たしてどうなることやら?次回もお楽しみに!

次回はブログ開設一周年を記念してスペシャル記事を投稿予定。
旅行記はしばらくお休みです...しばしお待ちよ♪
では!


ブログ村に参加しています。お手数ですがクリックしていただけると嬉しいです!目指せ、夏の急成長♪

にほんブログ村


Youtubeやってます。もう夏も終わり。名残惜しい夏をゆったり過ごしたいあなたはぜひこの動画を横目にどうぞ?

ばみゅーだを包み込む夜景と襲う悲劇!?~THEカシオペアリベンジ~

みなさんちあっす♪

今回からは平日の通常投稿ということで2日にいっぺんの定期配信を目指して頑張っていこうと思いますので引き続きよろしくお願いします!
さてさて、今回は先週していた夏の北海道旅行記、THEカシオペアリベンジを進めていこうと思うのですが...


北舟岡にてカシオペアを撮影し、ダッシュで東室蘭まで移動後、長万部までの全区間走行動画を撮影する2日目。とおもいきやまさかの混雑で思い通りにはいかず...
というお話でした。

んで、長万部駅で謎のマスコットキャラクター(?)「まんべくん」
DSCF1197
に遭遇。
駅前の歴史ある駅弁屋さん「かなや」で以前カシオペア乗車できた時からこのうまさに魅了されてしまい「かにめし」を今回も購入。箸休めのつもりだった「のりの佃煮」がおいしくて瓶になって発売された佃煮も自宅での朝食用に購入していざ父親リクエストの川のほとりへ(といっても目的地が決まっているわけではなく、適当によさげな川でということでした。

植苗での北斗星撮影(失敗したけど)の際、大量のアブを目撃して少々ビビッていたわたくしは、それらがいないことを前提に川でのお食事をオーライしたのですが...

砂利道を車でかいくぐって少し、到着するとすでにもううんざりするほどのアブの群れがお出迎え。
車内にいても、ばちばちと車に威嚇して激突してくる音がよく聞こえます。
まさかここまでのアブに襲われる経験は初めてですでにため息。
とりあえずどんな川か行ってみようと、川を覗きに行けば本当に北海道らしい大自然が広がっていたので父親はちょっぴり興奮。
すぐに車にもどって自分の着替えと息子のことをほったらかしにして持ってきた1セットだけの釣り道具、弁当を持ってきて...
わしの着替えやカメラ等は置き去り...
仕方なく自分一人で行って来ればずいぶんとまあたくさんのアブ♪
もうこうなったら強行突破だぁーと車にもう突進してドアを開けて入ろうとすれば天井に頭をゴツン!☆あぁ~馬鹿だ涙
一度扉を閉めてもう一度チャレンジ!今度こそ成功し、アブもいないよう。なんか半ドアになっていそうな予感だけれどもアブが入る隙間はないと安心してズボンを下ろし長ズボンに着替えようとしたその瞬間...

密閉されたアツアツの車内でブーン...
しかも3匹。ひえぇぇぇ!あまりの出来事に狭い車内で悲鳴。ありとあらゆるものを投げつけながらコンビニで買った虫よけスプレーをドタバタと開けて噴射するも効果はなくパにクリながらもなんとか長ズボンに着替えたんだか着替えてないんだか...
とりあえず外に出れる格好にはなったので密閉された中でむんむんと漂うスプレーを吸ってしまいせき込むばみゅーだは川へ戻ります。

image
ようやく大好きなかにめしを(おもわず一口食べちゃいましたすいません(笑))♪
しかし悪夢はまだ終わりません。
食事中先に食べ終わった父親は向こうのほうまで見てくる、見える範囲にいるからと言って素足で川を渡り
向こうまで行ったと思いきや...
ふと目を離したすきにあらまぁもう見えなくなってしまいました。あなたのどこから私が見えるのやら。ため息すらもうつけませんよ。となりにはワンちゃんを連れた家族ずれがいて、みっともないこともできないしただただボケ~っと待つのみ...
もう信じられない...
戻ってきたと思いきや「なんにも取れなかった」!?
わしがこれまで待ったのは何だったんだ!
なんかすでにずらずらと書いてしまいましたが、「ハチ、アブ、ハエ」といったあの気持ち悪い羽をもったブンブン系の虫が極めてだいっきらいなばみゅーだはお世辞にも楽しかったとは言えない時間を過ごしたわけでした...

という文句はさておき、函館まではこれまた父親のリクエストで日本海を回りながら行くことに決定。
厚沢部などといった地域をめぐって、トウモロコシや発祥であるメークイン、アイスクリームなどを近くにあるやおやさんや道の駅などでつまみ食い♪
中でも、メークインを使用した揚げじゃがは本当にジャガイモを丸々上げただけのものなのですが外はカリッと中はホクホクした感じでとにかくお芋が甘くってとてもおいしかったです。あれははまりました。
コロッケとかもありましたが、とにかくメークインが甘いのでもう最高!(と後半戦はテンションを少しづつ上げて...)
「もろこし」も最初は「えっ?」と疑うような白いほうが、意外と高くあまいと八百屋のおばちゃんに勧められ、買って食べてみましたが、まぁなんと甘いこと♪
あのあまさも忘れられませんね。
とにかく野菜のおいしい甘さを堪能できた感じです(笑)
アイスクリームにはハスカップなどの珍しいものがありましたので、ぜひ厚沢部地方寄ってみるといいと思います。

さてさて、日本海側を堪能するとはやばや函館に到着。
路面電車が堂々と道を走っている様子に父親は「こわっ」と動揺していましたが、そんなことはさておきホテルにチェックイン。
レンタカーを返して
函館の夜景観賞に向かいます。
BlogPaint
DSCF1202
こちらが借りたレンタカー。黒塗りで大変困りましたがまぁ快適でした


路面電車と徒歩で急な坂道を上り、外国人観光客の長蛇の列に紛れて数十分。

DSCF1203
函館山に到着。北海道は寒いから、高いところは寒いから夏でも防寒対策をとあっても、ほとんどの場合結局熱いので油断していたら結構山の上は寒かったです(笑)
DSCF1209
この混みようです。
DSCF1211
夜景はぶれやすく撮影が大変でしたがブレてないのもありますのでごゆっくり心をいやしてくださいませ。
DSCF1212
DSCF1213
DSCF1214
DSCF1215
DSCF1216
DSCF1219


DSCF1225
DSCF1227
夜景とは反対側の景色。奥に見える小さめの真っ白な光は、イカ釣り漁船です。
DSCF1229
DSCF1229
DSCF1230
帰ろうとしたちょうどそのときには、霧が出てしまいました(笑)
運がよかったですね!
DSCF1232
DSCF1207
DSCF1208
ちなみにロープウェイはこのでかさ!
一度乗ってみるといいと思います♪


その後は町のお寿司屋さんで魚介を堪能して就寝。
翌日の昼間にはもう帰らなくてはならないので函館の街を歩きます!
次回もお楽しみに!



ブログ村に参加しています。お手数ですがクリックしていただけると嬉しいです!目指せ、夏の急成長♪

にほんブログ村






函館のまちをぶらり♪本州帰還♪~THEカシオペアリベンジ~

文化祭という青春の波にのまれて忙しいばみゅーだです...
さて今回も引き続きこの夏の北海道旅行のレポートやってこうと思います!

アブに襲われてご機嫌ナナメっぽかったばみゅーだ、函館で美しい夜景を堪能したのが前回の記事!
DSCF1236
DSCF1238
夜の撮影ということで多少問題点はありますが(笑)、函館らしい路面電車の様子を取れました。

さて最終日の朝を迎えたバミューダ一行
12時には函館駅を出発するスーパー白鳥に乗って東京へ帰ることになります...
少々さみしいながらにも、ホテルにておいしい朝食をいただいて散歩に出かけました。海岸のほうに行って迫力ある波を眺めた後、荷物を片付け早々にチェックアウト。
函館の市場をブラブラしてきました。
北海道といえばすぐ思いつく名物「メロン」などは洞爺の観光ホテルのお夕飯で食べた以来でその時はおなかいっぱいだったので、もういっちょと函館の市場でカットメロンを購入♪
メロン専門店で食べ比べの試食をおばちゃんにさせてもらったりしましたが、申し訳ないながら今回丸々一個のメロンは変えないのでゴメンナサイ...
続けてぶらぶらするとまたまたメロン点があったので魚屋さんのおじちゃんみたいな感じの人に一切れいただいてベンチで召し上がり
関西のテンポみたいな感じでちゃんちゃん話を進めてくんでこっちもいやおうなしにテンションが上がっちゃうというか...さすがは市場。下手にスーパーやデパートに行くよりも、八百屋や魚や市場のおっちゃんのほうが案外商売上手なんですよね?やっぱり、トークセンスが大事ですよ!

で、その後近くにあった青函連絡船「摩周丸」を外から見学(笑)
今回は時間もなかったので中には入りませんでした。数週間前にはブラタモリでも取り上げられていたので楽しく見れました。船の周りには階海藻が生えていて現役の引退を感じます。
魚も泳いでいました。
image
image


DSCF1239
港の向こうには軍艦も発見!
初めて見る軍艦にちょっぴり感動!さすが港町「函館」!って感じですね。
ちなみになんでいるんだろう??
DSCF1240
名前は忘れちゃいましたが、丘からまっすぐ海の見える道もくっきり♪
DSCF1241
昨日乗った函館山も見えました。想像以上に緑がたくさんあります。

その後お土産を買ったり、朝市で赤貝を食べたり、もう一回カットメロンを食べたり(笑)していたら、あっという間に出発の時間が近づき...
image
かっこいい、デザインですね!函館駅

構内の売店で残り一本のところを見つけたお気に入り「夕張メロンソーダ(数量限定)」といろはす(ハスカップ)を購入していざスーパー白鳥へ!
DSCF1243
函館で出発を待つ残念ながら今回乗ることのできなかったキハ40
DSCF1244
DSCF1245
image

函館駅は東端式ホームになっているのでガラス張りの通路から撮影し放題でした(笑)
DSCF1246
DD51も発見!何号機かな?
DSCF1247
いざスーパー白鳥に乗車♪
北海道ならではの中間車プラス先頭車の連結をじっくり見ることができたわけですが、すごいですね(笑)
ワイパーも触れちゃいます(笑)
荷物に引っ掛けておっちゃったりする人いないのかな?(笑)
DSCF1248
DSCF1249
DSCF1250

さみしいことにもう北海道を離れ、本州上陸の危機!(笑)
今後北斗星やカシオペア、トワイライトエクスプレス、はまなすといった本州と北海道の歴代架け橋を踏みつぶしながら開通する「北海道新幹線」の準備がちらちらと見えます。
寝台特急に乗車し、その魅力を改めて感じたこの2015年。なのにもうお別れしなければならないことは非常に残念です。あぁ少し新幹線が憎い...涙

DSCF1251
これが疎開留置ってやつでしょうか?
初めてみました!
この写真だけだと首都圏にも見えますが、青森到着前の写真です。
奥には乗りたかったけど乗れなかったスーパーひたちも...
DSCF1252
初めて出会う、双頭連結器付きのEF81!
電車の中からなので大した写真ではないのですが会えたことはとてもうれしいです。
DSCF1253
新青森降車時には社内の写真を一枚♪

座席の確保の関係で、2時間くらい新青森で時間のつぶすことになったのですが、駅で自慢のマグロ丼をいただいたあとホタテ弁当を買って社内でつまむお菓子を買ってとしていたら新幹線の乗車になりました。
image
image
THE新幹線!
スケールがやっぱちがうんですよね。
image
株主優待券でコーヒーの割引が付属していたので、えへへ♪
途中単身赴任の父親と別れとなりに他のお客さんが乗車されてきましたが、特に何にもなく東京に到着。
旅はおしまいです。



今回はいつもと比べても?いろいろ波乱万丈?でしたが楽しい夏の思い出となりました。
冬休みに友達とだけで北海道旅行をして今度こそ気の合う鉄道仲間とキハ40乗車!という計画が薄ら薄ら浮上していたり、なんたりとまたまた今年は何たる年だ!と言ってしまいそうですが
どうなるのかな?
これからのばみゅーだが楽しみですねぇ


それではTHEカシオペアリベンジ、最終回!おしまい
次回は夏休みに記事にし損ねたお出かけ記事です。模型もまた少しずつ進み始めたぞ♪
お楽しみに!


ブログ村に参加しています。お手数ですがクリックしていただけると嬉しいです!目指せ、夏の急成長♪
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
以下のブログランキングに参加しています!お手数ですがワンクリックしていただけると嬉しいです!目指せ‼ランキング1位!(←ほど遠い)


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村
カテゴリー
記事検索
ギャラリー
  • EF81 95カシオペア!久々にそこそこ決まりました(^_^;)~CASSIOPEIA Dream Returns~
  • EF81 95カシオペア!久々にそこそこ決まりました(^_^;)~CASSIOPEIA Dream Returns~
  • EF81 95カシオペア!久々にそこそこ決まりました(^_^;)~CASSIOPEIA Dream Returns~
  • EF81 95カシオペア!久々にそこそこ決まりました(^_^;)~CASSIOPEIA Dream Returns~
  • EF81 95カシオペア!久々にそこそこ決まりました(^_^;)~CASSIOPEIA Dream Returns~
  • EF81 95カシオペア!久々にそこそこ決まりました(^_^;)~CASSIOPEIA Dream Returns~
  • EF81 95カシオペア!久々にそこそこ決まりました(^_^;)~CASSIOPEIA Dream Returns~
  • EF81 95カシオペア!久々にそこそこ決まりました(^_^;)~CASSIOPEIA Dream Returns~
  • EF81 95カシオペア!久々にそこそこ決まりました(^_^;)~CASSIOPEIA Dream Returns~




Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
※このブログに掲載されている写真は、一部を除いて無断保存OKです!
転載する際は「鉄道日誌から転載」ということを付け加えていただき、あらかじめコメントをお願いしますね!
(ってそんな価値のある写真はねえか汗)
なお、加工を加えての転載はゴメンナサイご遠慮ください...
お知らせ
当ブログで公開している旅行記事の一部の旅行に関する文章を、商用利用のない小規模な出版物に掲載させていただくことになりました。 同じ旅行のことを掲載しているため、このブログと出版物の写真が同一であったり、一部の文章が一致しています。どちらも自分で書いた記事ですので、特に問題はありませんが、万が一両方共ご覧になったことがある方がいらっしゃると、無断転載に感じられるかもしれないと思い、お知らせさせていただいています。 内容が似通った出版物があっても、今のところ問題はありませんのでご了承ください。 何かご質問等ございましたら、ブログのコメント欄によろしくお願い申し上げます。
鉄道日誌へようこそ!

初めまして、このブログを書いていますばみゅーだです!
もう一目ご覧になってわかる通り(笑)鉄道に関する記事をあげてます
内容は撮影から旅行、模型などなど幅広くあれやこれやと更新していますので
どうぞよろしくお願いします♪

Twitter プロフィール
僕の本アカです!ブログ更新情報のほか、Twitterならではのリアルタイムな写真や情報をご覧いただくことができます!ぜひTwitterをフォローしてくださった方は「このブログから来ました~」とお声掛けくださいね♪
  • ライブドアブログ